忍者ブログ
シルバーレインのキャラクター「皆坂柚流」のブログです。 初めての方は「このブログについて:about」をご覧くださいませ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(02/16)
(03/14)
(05/12)
(05/04)
(03/21)
最新コメント
[09/23 雅貴]
[08/21 柚流]
[08/20 柚流]
[08/19 雅貴]
[06/21 枢]
最新トラックバック
アクセス解析
プロフィール
HN:
皆坂柚流
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/07/16
職業:
女子大生兼アイドル
ブログ内検索
カウンタ
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

愚かな・・・。
重傷を負っていながら激戦区に出向くなど、死にに行っているようなもの。

生命讃歌のおかげで死ぬほどの傷を負っても一度は助かる。
だけど2度目はない。



もしかすると私がこれから言うことは、彼女や、彼女を敬愛するものから反感を買うかもしれない。
それでも、言わねばならないと思う。
彼女と同じことをする者が、でてくる前に。

この学園は血の気が多い。
殺してしまえと平気で言う人間が多すぎる。
彼女は云った
自分が死ぬことで、一人でも、命の尊さを知ってくれればと。

彼女が死ぬことで、いったい誰が命の尊さを知ると言うのか・・・。
彼女を知るものは、泣き悲しむ。
だけど、彼らはすでに知っているのだ、命の尊さを。
だからこそ泣き悲しむ。

彼女を知らない者は、何も思わない。
悲しむそぶりをするだけだ。
戦争が起これば結局はまた血を流す。
敵は殺せと声高に叫ぶ。

何も変わらない。
変わらないのよ・・・。

変わるとすれば、貴女がいないと言うだけ。

死によって生まれるものなど何もない。

死によって変わるものなど何もない。

だというのに・・・。
なのに貴女は、変えられると信じて散ったのですか?
変わりっこないのに・・・。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
無題
真朱
だが、誰かが死なないと。
生きる大切さって分からないと思う。
彼女の御陰で、怪我してもちょっと参加とか無くなるだろうし。
彼女は死んでもいいって言っておいて、怪我したから誰かの応援になんて器用じゃなっかったんだ。
2008/10/12(Sun)12:04:44 編集
無題
柚流
できることならば、もっと器用に生きてほしかった。
その不器用さが、彼女という存在なのかもしれないけれど。

生きることが、生あることが貴重なことだと、もっと多くの人が、当たり前のように知っていてくれれば・・・。
2008/10/13(Mon)22:59:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c 仄暗い部屋の隅。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]