忍者ブログ
シルバーレインのキャラクター「皆坂柚流」のブログです。 初めての方は「このブログについて:about」をご覧くださいませ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(02/16)
(03/14)
(05/12)
(05/04)
(03/21)
最新コメント
[09/23 雅貴]
[08/21 柚流]
[08/20 柚流]
[08/19 雅貴]
[06/21 枢]
最新トラックバック
アクセス解析
プロフィール
HN:
皆坂柚流
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/07/16
職業:
女子大生兼アイドル
ブログ内検索
カウンタ
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は何のために生きているのだろう。
どうして生まれてきたのだろう。
どうして、生きているのだろう。

なんて、思春期の子供っぽいことを言ってみたり


人は意味を求める。
何をするにも、意味が必要。
無意味なことはできない。
そういう生き物。

例えばこんな拷問がある。

「右の台に積まれた砲弾を、左に移せ。それが終わったら右に戻せ。それが終わったらまた左に移せ。ただ延々とそれをやり続けろ」

一見、大したこと無く見える。
でもそれをやらされた人間は、あまりの無意味さに、最終的に発狂して死ぬと言う。

人は意味を求める。
働くのはお金を得るためだ。
勉強は頭を良くするため。
遊ぶのは楽しむため、ストレスを発散するため。
何をするにも意味が必要。

もちろん、生きることにも意味を求める。

例えば宗教は、そんな人の習性に付け込んでいる。
人が生きることに、基本的に大した意味はない。
生まれてきたから生きている。死ねないから生きている。ただそれだけ。
しかし人はそれに耐えられない。
だから宗教はこういう。
「今辛い思いをして生きているのは、死んだあと極楽に行くための修行なのだ」
と。

意味を与え、そして自分のしていることが無駄ではない、という救済。
それを求めるのがひとの本能、本質。

世の物語にハッピーエンドが多いのも、意味と救済を求める人の性質によるもの。


さて、私の生に意味はあるのか。
生きた先に救いはあるのか

きっと意味など無い。
ただ死ねないだけ、生に縋っているだけ。
そして救いもない。
ただ漫然と生き、死んだ先には無が待っている。

でも、私は生き続ける。
死ねないから。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c 仄暗い部屋の隅。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]