忍者ブログ
シルバーレインのキャラクター「皆坂柚流」のブログです。 初めての方は「このブログについて:about」をご覧くださいませ。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
(02/16)
(03/14)
(05/12)
(05/04)
(03/21)
最新コメント
[09/23 雅貴]
[08/21 柚流]
[08/20 柚流]
[08/19 雅貴]
[06/21 枢]
最新トラックバック
アクセス解析
プロフィール
HN:
皆坂柚流
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/07/16
職業:
女子大生兼アイドル
ブログ内検索
カウンタ
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

包帯を巻く。
いつもの行為。


控室の隅で、私はほくそ笑む。
今ここにいる者たちすべてが敵となる。
血で血を洗う殺し合い。
死ぬことはないから、「殺し合い」という表現は適切ではないのかもしれない。
だけれど、「命を奪う」という行為を疑似的にでも行うのだから、それは殺し合い以外のなんだというのか。

「くふ・・・♪」

我知れず、笑みがこぼれる。

私は強くない。
だから最後の一人になるつもりもない。
ただ、この宴を楽しむだけだ。

立ち上がり、向う。
最高のステージへ。
カードをとり、私は小さくつぶやく。

「・・・・起動」


(※このSSは、実際のバトルロワイヤル結果とは無関係です)


ずしりと右腕にかかる重み。
私の赤手「鳳仙花」。
黒い腕に深紅の爪。朱色の鎧飾り。

合図とともに始まる、殺し合い。

一気に殺気が満ちる。
ああ・・・ゾクゾクする。
自分の体を抱き、私は頬を染める。
そんな無防備な私を見逃すほど、敵は甘くなかった。

ザックリと、背中が割れる感覚。
振り向けば、男子が「どうだ」と言わんばかりの表情で立っていた。
それに私は目で返す。
(・・・・だから?)
と。

明らかな致命傷にひるまず笑う私に、男子は慄いたようだ。
一歩下がり、そして、背後からの暴れゴマに巻き込まれ無様に倒れる。
起き上がる男子の顔に、唇が当たりそうなくらい、私は顔を近づける。
赤面する男子。
私はすいっと顔をそらし、その首筋に、歯を立てた。
みるみるふさがる傷。
力尽き、男子が倒れる。

「ふ・・・ふふふふ・・・」

ペロリと、唇についた血をなめとる。
さぁ、宴の始まりだ。


死屍累々・阿鼻叫喚
まさしくこの為にある言葉。
あちらこちらで悲鳴と怒号が上がる。

吸血と侵食という、副次的な回復方法しかない私の体は、治癒が追い付かずどんどん傷が増えていく。
しかし、だからなんだというのか。

こういった乱戦で生き残る方法は、「弱っている相手をつぶす」ことと「自分が弱っていることを悟られない」ことだろう。
だが、私にとっては関係ない。
生き残るためにいるのではなく、楽しむためにいるのだ。

視線を巡らせて見えたのは、小学生くらいの女の子。
血まみれの私を見て、思わず息をのんだ。
恐怖に駆られた表情・・・可愛い。

「ふふふ・・・あは♪」

背中から生えた蜘蛛足が、少女に突き刺さる。
かすかに上がる悲鳴。
何とか蜘蛛足を振り切って、逃げだすが、すぐに力なく倒れる。
あたしの傷が、わずかばかりふさがる。

「あはぁ・・・♪・・・・あははははははははっ!」

ステージの真ん中で、私は嗤う。

最高・・・・!
なんていい舞台!最高の舞台!
傷つき、傷つけ、血を浴び、血を浴びさせる。

ステージの中心で、魔女は嗤う。

誰もが私を奇怪の目で見る。

ああ、もっと見て。
この瞬間・・・私はひとりじゃない!

胸に突き刺さる刃。
瀕死の私に、誰かがとどめを刺しにきたらしい。

魂が肉体を凌駕する。
ああ・・・ぁああ・・・・!
痛い。気持ちいい。痛い。気持ちいい。痛い。気持ちいい。気持ちいい。痛い。気持ちいい。気持ちいい。気持ちいい。気持ちいい。気持ちいい。キモチイイ。キモチイイキモチイイキモチイイキモチイイ!
最高!
この快楽を・・・貴方にも!

目の前の敵を、鳳仙花が薙ぎ払う。
焔に包まれ倒れる敵。

「アハッ・・・アハハッ♪」

全身が痛い。全身が気持ちいい・・・!
私は今・・・生きている!

「・・・もっと・・・もっと頂戴!たくさん頂戴!」

痛みも、快楽も。
すべて頂戴!
そして私に教えて。
私が生きているって教えて!

目の前に、光が迫る。
光の槍。
目の前が真っ白になる。
避けれない。

それが私が見た、最後の景色。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする

Copyright c 仄暗い部屋の隅。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 人形首 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]